捨てる前、買う前にチェック! リサイクル費用

>

リサイクルでゴミも宝に

家電リサイクル法とは

大型家電の廃棄にリサイクル費用がかかるようになったのは、2001年に家電リサイクル法が施行されてからです。
施行当初は、対象となったのは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機でした。
その後、衣類乾燥機、液晶テレビ・プラズマテレビが追加されています。
大型家電のリサイクル費用は、廃棄時に支払います。
金額は、家電の種類、メーカーによって、少しずつ違います。
それぞれの製造者が、リサイクルにかかる費用を元に、価格を設定しているためです。
大手メーカーの製品の場合は、ほぼ同じ金額に設定されています。
価格は、リサイクルにかかる費用から算出される正当な金額でなければならないため、メーカーによって大きく変わるということはありません。

いくら払うことになるの?

具体的にかかる費用を見ていきましょう。
多くの大手メーカー製品でのリサイクル料は以下の通りになります。
エアコンは、1000円前後。
洗濯機、衣類乾燥機は、2500円前後。
冷蔵庫は、170リットル以下で3500円前後、171リットル以上で4500円前後。
ブラウン管テレビは、15型以下で1200円前後、16型以上で、2300円前後。
液晶・プラズマテレビは15型以下で1800円前後、16型以上で3000円前後。
また、自分で指定の引取場所まで運搬しない場合は、リサイクル料金にプラスして、運搬費用もかかります。
運搬費用は、引き取りを行う家電販売店によって異なりますので、確認してください。

リサイクル費用は、廃棄する側に支払いの義務がありますが、製品を販売した家電販売店には、その製品を引き取る義務があります。
引き取りの依頼は、購入した家電販売店に依頼してください。


シェアする