捨てる前、買う前にチェック! リサイクル費用

>

小さくても捨てられません パソコンのリサイクル

パソコンの廃棄方法

家庭用パソコンのリサイクルは、2003年に改正され、家庭用パソコンのリサイクルをメーカーに対して義務付けたパソコンリサイクル法が施行されてから、使用者にもリサイクル費用の負担が求められるようになりました。
パソコンのリサイクルは、メーカーが行うので、廃棄するパソコンはメーカーへと送ることになります。
手順としては、廃棄したいパソコンのメーカーの申し込み窓口に申し込みます。
すると、ゆうパックの伝票が送られてくるので、梱包したパソコンを伝票にかかれた宛先へ送ります。
一度に複数台のパソコンを送る場合も、梱包はそれぞれを箱や袋に入れ、伝票を貼ります。
もしお持ちのパソコンのメーカーがなくなってしまっていたり、メーカーが分からないパソコンだった場合は、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行います。
手順は、ゆうパックの伝票を請求する先が、パソコン3R推進協会に変わるだけで、送付のやり方は一緒です。

購入時期で違うリサイクル料の払い方

2003年10月以降に販売されたパソコンは、購入時にリサイクル料が販売価格に含まれています。
パソコンのリサイクル料は、家電と反対に、購入時に支払う「前払い式」なのです。
リサイクル料支払い済みのパソコンには、PCリサイクルマークが貼付されています。
PCリサイクルマークの貼付されているパソコンは、廃棄時に無料で回収してもらえます。
マークのないパソコンは、廃棄時にリサイクル料を支払わなければなりません。
料金は、家電同様、各メーカーが設定し、メーカーによって少し、金額が変わる場合があります。
大まかな金額は以下の通りです。
ノートパソコン、デスクトップのパソコン本体、液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ一体型は、3000円前後。
ブラウン管ディスプレイ、ブラウン管一体型は、4000円前後です。
この金額には、運送費も含まれています。


シェアする